読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

最後の晩餐では昼に食べたいと思っていたラーメン「はやし」@渋谷

f:id:seikousisan:20141129100646j:plain

渋谷に用があったのではやしに来訪。
懐かしい味で大学時代のことを思い出した。

このラーメンに出会ったのは大学1年の冬とかだったと思う。
当時は昼に日吉の武蔵家、夜に各地の二郎だったり、夜に食べたとある二郎が美味しくなさ過ぎて2時間後に日吉に戻り武蔵家を完食する(一緒に行った友人は流石に脂と塩分に勝てなかったのか吐いていた)等、健康に悪いトリプルアクセルからのトリプルサルコウみたいなコンビネーションをキメていた。

そんな中出会った渋谷マークシティ横の路地にある坂を登って行った所に佇む「はやし」。
渋谷の喧騒から少し離れた立地にいつ行っても目にする行列。
カウンター10席だけのこじんまりとした店だが木のシートをベースにした落ち着いたお店で雰囲気もいい。
店主はイタリアンだかフレンチだか出身で、奥さん(?)と2人で店を切り盛りしている。
そのためか11:30〜15:30の営業となかなかありつくことも難しい店だったりする。

脂と塩分にまみれた僕が大学1年の時にたどり着き、初めて食べた時に感じたのは「なんじゃこりゃ」だった。
とにかく魚介と動物系のダブルスープが優しい。
ダブルスープの中でも最高峰と思える程にしつこさを一切感じさせない。
麺もストレートで小麦の味と食感が気持ちいいタイプ。
いつも焼豚ラーメンを頼むけれど味玉の半熟具合もトロトロでよく、スープの優しさを壊さない程度の醤油ダレの味付け。
焼豚もホロホロでよく煮込まれている印象、これも味はあっさり目。
冬場は柚子の皮がトッピングされ、一緒にスープを飲むとまた印象が変わり、柚子の香りが口いっぱいに広がる。

当時は死ぬ前の昼飯に食べたいなぁと思っていたラーメンだった。
久しぶり(大学4年くらい?)にきてみたら美味しいことは美味しかったけど豚に少し臭み?雑味?が感じられたのと、メンマが少し小ぶり(昔はすごいおお振りで味も染みていてこんなに美味いメンマは食べたことない)になった印象を受けた。

それでも渋谷の街で10年以上ラーメン、味玉ラーメン、焼豚ラーメンの3種類で店を守り続けている最早老舗の風格も漂ういいラーメン屋さんだ。
※塩でと注文時に注文すると塩ベースのラーメンにも昔はしてくれたけど今はどうなんだろう…