読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

鬼の様に美味い上本町の持ち帰り揚げもの屋さん「グリルやまたけ」

食べ物
大阪に帰ってきている。
天王寺から上本町まで歩いていると、上本町駅近くまで来た所で何やら行列を目にした。

f:id:seikousisan:20150504235346j:image

巷ではゴールデンウィークである。
観光地ならまだしも上本町の商店街にある小さなこのお店。

f:id:seikousisan:20150504235619j:image

ちなみに新世界を紹介したエントリーでも書いた様なポルノ劇場が目の前にあってなかなかカオスな商店街だった。

f:id:seikousisan:20150504235750j:image

看板を見れば「グリルやまたけ」の文字。
グリルと店名につけばつばめグリルの様に、洋食レストランを思い出させる。
が、ここはお肉屋さんがやっているタイプの持ち帰り専門の揚げもの屋さんだ。

f:id:seikousisan:20150504235602j:image

行列ができているとはいえ回転もよく、30分もすれば家に着く距離かつ晩飯時だったので持ち帰りを決意。

f:id:seikousisan:20150504235905j:image

メニューを見て驚いたのはその安さ。
お肉屋さん自体はギフト用とかも扱うそれなりにいいお肉屋さん(母曰く)らしいのに、コロッケが55円の価格である。
近所の子どもや部活、予備校帰りの学生も気軽に買い食いできちゃう。 

悩んだ末、

コロッケ
ハムカツ

を購入。
図らずもお店オススメのものばかり買ってしまう。

f:id:seikousisan:20150505000105j:image
f:id:seikousisan:20150505000114j:image

まずコロッケ、激ウマ。
じゃがいも、タマネギ、ひき肉のシンプルなコロッケなんだけどややトロリとしている。
ホクホクというよりもジューシーなコロッケ。
そして特徴はどこからきてるのからこの甘みである。
今まで食べたコロッケ史上で1番美味かったです。

次にハムカツ。
何を隠そう私、ハムカツ大好きです。
会社の昼飯時に買いに行く弁当屋のにいちゃんにもハムカツがある時は勧められたりとっといてくれるほどのハムカツフリーク。
厚めのハムカツが好きなんだけど、ここのハムカツはやや薄め。
とはいえペラペラなわけではなく程よい薄さと言うべきか。
それでいてしっかりと歯ごたえもあって塩加減も絶妙。
揚げものにソースをかけない派の私だが、ほんとにそのままで十分に美味しい。

スコッチエッグといえば交通会館の大正剣のスコッチエッグも大好きだ。

f:id:seikousisan:20150505000749j:image

このスコッチエッグが出てきた時はたまごがハートの形になっていておばちゃんに「すごい!ハートになってる!」と不意に話しかけられたりもしてうまく言葉を返せなかったりもした。
スコッチエッグはサービスランチの時にありつければすぐ食べられるが普段頼むと出来上がりに25分くらいかかるのでオススメされない商品なのだが、本当に大正軒は交通会館の中でも1番大好きなお店なので是非行って欲しい。

話をグリルやまたけのスコッチエッグに戻すが、大と言うだけまぁまぁのボリュームである。
それでいて大味でない。
あまりいいお肉を使っていないスコッチエッグやメンチカツにありがちなのが、お肉の臭みが残ってたり、その臭みを消すために香辛料や胡椒の香りがきつかったりするものもある。
しかしそれは肉屋のスコッチエッグ、お肉自体がもちろん美味いのでそんなことは一切ない。
たまごとお肉という、子どもも大人も大好きなメニューが一緒になってるってもはや罪ですよね。

いやぁ美味かった。
上本町は近いし天王寺とかにもよく帰省したら行くのでその際には常に立ち寄りたい店だ。

おまけ
途中立ち寄ったハルカスをバックにした四天王寺と上本町ハイハイタウンでやっていた真田幸村展。
大阪は大坂の陣400周年で去年から盛り上がっております。

f:id:seikousisan:20150505001349j:image
f:id:seikousisan:20150505001403j:image f:id:seikousisan:20150505001410j:image