読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

まっくろくろすけなラーメン、チャーハンが東京進出!新福菜館@麻布十番

f:id:seikousisan:20150316180126j:plain
f:id:seikousisan:20150316180206j:plain

いきなりどん!
京都の老舗、新福菜館が誇る黒いラーメンとチャーハンがついに東京に進出したのでオープン翌日とかに行ってきた。

黒いラーメンと言えば一般的には富山ブラックを思い出す人が多いかもしれない。
f:id:seikousisan:20150316180348j:plain(海老名のいろは、ここも見た目程の濃さは無く美味しかったです)

しかし、京都の新福菜館をよく知る関西の、全国のラーメンファンからすると黒いラーメンは新福菜館でしょ?
という程の認知度とインパクトを兼ね備えた西の名店だ。
そんな新福菜館が麻布十番という六本木にほど近く様々な文化が集まりながらも、どこか昔の情緒と落ち着きを残した街にオープンしたのは必然かもしれない。

f:id:seikousisan:20150316180845j:plain
f:id:seikousisan:20150316180920j:plain
f:id:seikousisan:20150316180903j:plain

オープン2日目ともあって赤い提灯に吸い寄せられる虫とも言えるラーメンファンの大群。
少し前からプレオープンをしていたがそこではまだチャーハンは披露されていなかった。
黒いラーメンと黒いチャーハン、この掛け算を求めての行列に並ぶこと約30分。
期待いっぱいで入店。

f:id:seikousisan:20150316181216j:plain

中華そば、ラーメン、新福そばと様々な名が冠されているが基本的にトッピングが違うだけであの黒いラーメンは一緒。
右上のそば、チャーハン並みのセットに京都では無料(だったはず)のネギ増しトッピングを注文。
ラーメンやチャーハンと一緒にアルコールと一品メニューもラーメン屋としては充実しているのでちょっと一杯にもいいかもしれない。

f:id:seikousisan:20150316180126j:plain
f:id:seikousisan:20150316180206j:plain

そしてもういちどドン!
黒い、松崎しげるかの様に黒い。
しかし、松崎しげるの様に濃くない絶妙な味わい。
全く重たくもなくするする入っていくのが新福菜館のブラックコンビの特徴だ。
個人的に卵、ネギ、チャーシューのみのシンプルなチャーハン(やきめし)が大好物。
普通のチャーハンより深みがある感じがします。

完食して店を後にする際には京都と同じく「おおきに!」の声。
東京のど真ん中にいながら、そうだ、京都行こう。
なんども通いたくなる黒い宝石が麻布十番にはあります。