読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

東京1うまい讃岐うどん?本郷三丁目「こくわがた」

食べ物
うどんがここ半年くらい好きだ。
もともとはラーメン大好き小池さん状態だったが、ここ最近はもっぱらうどんだ。(もちろんラーメンも大好きです)

中でも茹でたうどんに醤油を回しかけて食べるスタイルのうどんが好きだ。
夏に香川県に行った際は3日で5食、うどんをたいらげた。

f:id:seikousisan:20150224174624j:plain

そんな僕が今東京で1番うまいんじゃないかと噂されている、本郷三丁目のこくわがたに仕事ついでで行ってきた。
昆虫の名をかざした店名から、五反田や新橋に展開するおにやんまとの関係性もよく噂されている。
東京コンクリートジャングルに突如現れたうどん昆虫の森。

開店10分前だったので外の看板に書かれたメニューで品定め。
釜玉系が好きなので、海苔とたまごのうどんはすぐに決まったが天ぷらで迷う。
鶏天を軸に攻めることは決まるが、もうひとつを野菜天にすべきか、ちくわ天にすべきか迷う。
何を隠そううまいうどん屋は確実にちくわ天がうまい。
ちくわをうまいと感じたのは香川の中村屋のちくわ天がベストだったが、香川のうどん屋のちくわ天は「これちくわ?」と聞き返したくなる程絶品ちくわだった。

f:id:seikousisan:20150224175215j:plain
(参考資料、中村屋のちくわ天)

悶々とした気分の中、開店時間が近付き店員さんたちの出入りが多くなる(外にゴミを出したり)。
その際に「もう少しで開きますんで〜」「あと5分くらいなんで〜」と丁寧に声をかけてくれる。
こういった細かい心遣いもニクいよこくわがた!
成りは小さいけれど大型のくわがたに負けないパワーと様式美が見て取れた(謎),

いざ開店!
食券機をざっと見る。
すると290円で鶏天、海老天、野菜天、ちくわ天が入った満腹セットなるものがあるじゃないか!
さっきまでの悶々とした気分は吹っ飛びこちらとたまごのりうどん(並)を注文。

f:id:seikousisan:20150224175948j:plain

いざ着丼してみると海苔は乾燥海苔ではなく岩海苔タイプ。
たまごも初めから混ぜられてある。
卓上にあるやや甘い香りのするだし醤油?を2周ほど回し掛け実食。

うまい!

讃岐うどんはコシが特徴的だと思うがコシは申し分なし。
麺の太さはやや細め。
自分が香川で食べたのよりも全体的に少し細いか?でもコシがあるしのどごしがよい。
細めのうどんにたまごと醤油、そして岩海苔の甘くもしょっぱい独特の磯の風味がよく絡み美味しいの洪水が襲ってくる。
天ぷらはやはりセットにして正解。
ちくわ天がうまいのは言わずもがなだったけれど、一切考慮になかった海老天がプリップリなこと。
たぶんひとり8000円くらいする天ぷら屋さんの海老天より美味しいんじゃないかレベル。
鶏天、野菜天(かぼちゃ)は塩をやや振りかけて頂いた。
そして釜玉系のうどんを頂いて最後にやるのは残った天ぷらと、丼に溜まったたまごと醤油の汁を和えてパクリ。
見た目は綺麗ではないが本当にうまい。

そんなこんなで評判通りのうまさだったこくわがた。
立ち食いうどんなんて、と思う人にこそ行ってもらいたい。
立ち食いうどんの常識がこくわがたで変わります。

f:id:seikousisan:20150224180750j:plain

締めは帰り際の牛天神で見た梅。
いやぁ、うめぇうめぇ。