読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

少女ファイト9

少女ファイト(9) (KCデラックス イブニング )

少女ファイト(9) (KCデラックス イブニング )

「自分が着たい服と似合う服が違うってのはわかってるけど
 一度くらい好きな服を着て認めてもらいたいじゃない?」

去年の今頃は◯pplim+に出て、西千葉と田町と赤坂あたりで頭をこねくりまわしていた。
たぶん人生で1番左脳と右脳をバランスよく使っていた。

この◯pplim+の経験を通じて、8月26日(案を提出した直後)にこんなことを書いていた。

"企画も向いてるかもってメンバーに言われたけど、将来はたぶん見た目で営業になるんだろうなぁ。
なんとなく自分がやりたいことがわかってきて、リアルの世界で多くの人に「へぇ」ってちょっとの気付きだとか面白さを感じさせること。
第一回販促会議のコカコーラのやつとか、第二回のパイロットの偉人に落書きとか大好き。子供っぽいこととか原体験的なことが好き。
ここに手段としてのデジタルは加わるのはいいけど、あまりデジタルがメインにはなりたくない。
どこかぬくもりのある経験や体験の中でアナログよりのことができたらなぁ。
とかめちゃめちゃ広告会社ですやん、なんでやねん。"

去年の自分、よくわかってるやん、自分が営業になること。
やりたいこともよくわかってるやん。

日々の仕事がつまらないわけじゃないが、心はなかなか踊らない。
いろいろともやもやを抱いていて、今日に自己の振り返りなり分析なりをした。
さらに、ブレーンやら宣伝会議を買って読んだ(でいる)。
そこで一緒に買った『少女ファイト(9)』で出てきたのがこの言葉だ。

「自分が着たい服と似合う服が違うってのはわかってるけど
 一度くらい好きな服を着て認めてもらいたいじゃない?」

自分はまだ社会に出て少しだけど、好きな服を着させてもらえていない。
好きな服を着たい。
そして、死ぬ程努力をするから、頭を回転させるから、好きな服も似合うんだと認めさせたい。

マインドマップとか久しぶりに書いてみて、アイデアを出したわけじゃないけれども今年の2月(最後に企画を練っていた時期だ)から比べてアイデアを出す頭が腐っているのが感じられた。
自分でも驚いた。
これじゃあ、いかんよ、いかん。
イデア脳は日々使わないとすぐ腐って行く。
自分でなんとかせねば。