読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

モラトリアム

ついに大学の卒業試験を受けた。
とりあえず論述形式の大問が2つで書きまくったから卒業はほぼ間違いないかなぁといった感じではある。
少し肩の荷が下りつつも、感慨深くもなった。

そのあと、ミーティングまで友達と昼飯を食べた。
なんでもノートで助けてあげたりしたので、そのお礼におごってくれるとのこと。
炭火焼き鳥丼を食べる、美味しい。

彼は大学の新入生交流会みたいなので、初めて知り合った。
その日は相変わらずの目的地に着くまでに帰りたい症候群が発症しまくりで、なおかつ大阪から東京に出てきたてだったのでもう標準語やべぇ!やべぇを通り越してだりぃ!状態だった。
そんな中、大桟橋ホールに行く途中の道で声をかけてきたのが彼だった。

もうなんか僕と住む世界が全然違った様な割と今時の若者な出で立ちだったので、これは仲良くなれるのだろうかとか当時は思っていた。
でもなんやかんや5年間、同じ学部、同じ専攻でそれなりに仲良くやらせてもらった。
そんな不思議な縁に少し感謝もしている。

そのあとのミーティングに行くと、ゼミの別のチームがミーティングをしていた。
そこで某研究所ガイダンスでの修論発表について話を僕にふってきた。
ある後輩はわざわざ予定が入っていたのに僕のプレゼンを見るためにその予定をキャンセルしたとか。
そのあともメールで別の後輩から「何時からか教えてください」と言われたり。

僕は割と自分が何かしている所をそんなに人に見られたくない気質なので、というかただの恥ずかしがりやだ。
そんなことをいいつつも、全く期待されなかったり、興味を持たれないのも少し嫌だ。
という様なもうややこしい正確なので、期待や興味をされることは嬉しいし、よっしゃやったるでという活力になりながらも、もうやめて!そんな期待せんといて!と多少の重荷にもなってしまう。
なんというヤマアラシのジレンマ。

そんなこんなで、まぁ修論発表も、最後のプロジェクトも、まだモラトリアムでやり残していることはあるので、少しだけふんどしを締め直して頑張ろう。

P.S
『モラトリアム』の動画をこのブログ内で紹介するのは2度目で、その時は9月に横浜トリエンナーレに行ったときだった。
あの時は、カップヌードル博物館ができて、ヤカンに落書きをした。
気になって、その時のニュースなり、他の人のブログ等を見てみたら、僕らの書いた落書き部分が写った写真をあげているものもあって、少し嬉しく懐かしくもなった。

ていうか『モラトリアム』の歌詞がどの辺がモラトリアムやねんって、昔思っていたけれど、最近になってわかるようになった。