読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

うさぎの話


会社に提出する資料を部屋を軽く片付けながら書いていると『ダーウィンがきた』の再放送をしていた。
野生のうさぎの話だった。
うさぎといえば、日本人の多くにとっては小学校の飼育小屋や、触れ合い動物園などにいるかわいいイメージが強い。

しかし、番組内で描かれていたうさぎは野生のうさぎだった。
この野生のうさぎはもちろん日本にもいる。
飼いならされたうさぎよりも、外的から身を守るべく耳が発達している。
走るときの速さも時速70キロで走るみたいだ。
骨と筋肉の使い方がチーターとそっくりで、しかも20秒ほどしか走ってられないチーターとは違い、スタミナもある。

また、野生ともなると雌の奪い合いも激しいようだ。
カンガルーのごとく、立った姿勢でパンチをくりだす雄のうさぎ。
それを見ている雌のうさぎ。
勝った方の雄のうさぎは雌のうさぎとめでたく結ばれ、負けた方はすごすごとその場を去る。

飼いならされたうさぎと野生のうさぎでは全くイメージが違う。
この野生のパワーはあなどることができない。
百獣の王ライオンといえど、自分達が動物園で見ているのは完璧に飼いならされたライオンだ。
狩りのシーンを見ることもないし、いざサバンナに放り出せば生きて行くことができるかもわからない。
野生のハングリーな気持ち、弱肉強食の理を人も忘れるべきではないのだろうか。

という謎な文章。