読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

OUR MAGIC HOUR(9月17日ー18日)

朝、桜木町に集合。カップヌードル40周年を記念してみなとみらいにカップヌードルミュージアムができるとのことで、そのPRイベントをしていた。
無料でのカップヌードル試食会と、やかんにメッセージを書き込むことができるスタイル。こういう消費者参加型のイベントって場所と時間が限られてしまって費用対効果的には難しいかもだけど、絶対人は参加してしまうよね。
あと、ただ消費者を参加させます!て言うんじゃなくて、横浜といった家族やカップルでくる場所で行うことで、参加しやすくなる。「あれやってみようよー」的な感じで。1人で行く場所でやっても意味がないんだろうな。

喧嘩をしてしまい、これまた反省する部分はかなりたくさんあったのだけれど、その後横浜トリエンナーレに参加すべく横浜美術館へ。
写真を撮っていい作品がたくさんあった、まるで海外の美術館の様。彼女の一眼レフをかりていろいろ設定を試行錯誤しながら写真を撮ったり、作品を鑑賞して楽しむ。

そのあと黄金町エリアへバスで移動。違法飲食店街(いわゆる売春を行うお店)が集っていた街も横浜開港150周年やらにあわせて、すっかりその影はなくなったとは聞いていたが、トリエンナーレもあってアートの街と化していた。高架下がそんな感じだったので秋葉原御徒町の間に少し似ていたり、瀬戸内国際芸術祭を思い出したりもした。
正直芸術とかよくわからないけど、作品を見ると何か刺激とか活気をもらえるので好きです。どっちかいうと現代芸術のわけ分からん感じの方がfunで好き。

夜、彼女と別れてから後輩がまた家にきた。ウィニングイレブンをやろうとするも、なぜか見つからず、自転車で池上のGEOまで買いに行く。
夜のサイクリングは車通りも少なく、気持ちよかった。暗くて危ないからあまりスピードは出してないけど、ちょっと癖になりそう。
GEOではウィニングイレブン9がなんと280円。僕が7を中古で買った時でも980円したのに、時代ってすごい。

そして18日の夕方までお酒を飲んだりウイイレをしたりで時間を過ごす。
モラトリアムだなぁ、すごく昔をおもいだす。
たぶん何年後か、こういう日々を思い出して死にたくなりつつも頑張ろうと思うんだろうな。