読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seikousisanの日記

食べたり音楽(ロキノン・ももクロ他アイドル)だったり都内近辺の行く場所が多いと思います

大阪一日目

朝、大阪へ帰る新幹線に乗るため品川へ向かう。今回の帰省は免許の更新のため。
新幹線の中で『Number 答えは過去にあり-ニッポンの名将特集』を読む。

広岡監督の話が興味深かった。
こないだ友達と日本の今の若者は、失敗するのを怖れて、どうせ何も報われないんじゃないかという気持ちを抱いて努力をしないという話をしていた。
広岡監督も、御歳80にして同じ事を言っていた。
自分が選手、監督をしていた時代は高度経済成長の時代で、やればやるほどいいんだという、イケイケどんどんの時代。対して今の若者はバブルが弾けて何をするにもどういった利益があるのかいちから教えなきゃ動かない。
自分自身はあんまり将来の不安とか特に抱かないので、努力しなきゃいけないとも、できないとも何も思わず、ただ今できる事をやるという性格なのだけど、まぁ確かにそんな時代なのかもと思った。

あと、過去の名将たちの考え方は自分が野球をやっていたからかもしれないが、圧倒的にその辺のリーダーシップ論とか読むよりわかりやすい。
野球と勉強しかしてこなかったから高校時代にもっと遊んどいたらどうなってたのだろうと漠然と思う事はある。
でも、野球をやっていたことを後悔することは一度もない。

実家に帰宅、久々に親としゃべる。
Numberを読んで親に会ったからか、ふと親への感謝とかを感じてしまう。
自分の社会に出て行く上の人格を作り上げたのは野球や、1人暮らしとかの経験が大きいと思う。
でもその環境を用意してくれたのは親なので、やはり親がいなかったらば僕はいないんだろうなぁとか思ってしまう。

夜、風呂の前に久々に素振り。100回のスイングも体力がなかなかもたない。いつまでも体力があると過信してたらだめなんだろうな。手の皮が少し剥ける。
23歳、いろいろと昔のままではもういられないんだなぁ。